王子製紙/春日井工場火災

4月に入りあるが到来と思わせる暖かい日が続いておりましたが、ここ数日急激に寒くなり山間部では積雪まで記録しました。
みなさん体調管理にはお気を付けください。

さて、ここにきて王子製紙/春日井工場の排水処理構内の電気室から火災が発生したニュースが入ってきました。
以下は王子製紙発表の報告文面になります。
4月7日(日)14時40分頃 王子製紙 春日井工場 排水処理構内の電気室より、火災が発生いたしました。
火災は、数時間で鎮火いたしましが排水処理ができなくなったため、工場の全設備を停止しております。
工場立ち上げは、排水設備の復旧後となります。
公設消防による消火活動は終わりましたが、本日4月8日(月曜日)9時30分から現場検証の予定となっており、工場全停止は継続しております。
現在、被害状況を調査している段階ですが、制御盤内の電気機器、ケーブル被覆は溶損しており、深刻な状況とのことです。

王子製紙春日井工場は、紙の生産高約6万トン/月 塗工紙、微塗工紙 上質紙 中質紙 書籍用紙 純白ロール 未晒包装紙等を生産する王子製紙の基幹工場です。
火災当時 OKプリンス上質エコグリーン 嵩高クリーム書籍 OKトップコートマット 未晒包装紙 純白ロールを生産していた模様です。
現在ボイラーも停止中のため、工場内は停電となっており、平版のラックも動いていないため、平版の出荷についても影響がありそうです。
この火災による影響、減産見込みはまだ正式には出ておりません。

上記のような報告がきました。火災時に抄造していた商品の影響が懸念されます。
また、近況入りましたらお知らせさせていただきます。